アミノ酸あわ洗顔料【M-mark】松山油脂

Mマークのアミノ酸あわ洗顔料
スポンサーリンク

アミノ酸あわ洗顔料【M-mark】とは

アミノ酸あわ洗顔料

メーカー松山油脂
容量130ml
つめかえ120ml
価格935円

植物由来の石けんがベースの、泡タイプ洗顔料です。天然保湿因子の組成成分PCAナトリウムを配合しました。保湿成分を含んだふんわりとした泡が、洗顔中に失われる肌の潤いを守ります。余分な皮脂や汚れを落とす、さっぱりとした洗い上がりです。

こんな方におすすめ

・石けんの泡立てが苦手
・シンプルな成分の泡タイプ洗顔料を探している
・肌のベタつきが気になるとき
・精油に敏感、香りが苦手
・持ち運びしたい

【泡タイプ】
洗浄成分: 植物性石けん
配合成分:アミノ酸、アミノ酸代謝物
香り:無香料
・アルコール(エタノール)、パラベン、香料、着色料、鉱物油、紫外線吸収剤 不使用

アミノ酸あわ洗顔料【M-mark】 の特長と成分

■アミノ酸あわ洗顔料の全成分
水[溶媒]、カリ石ケン素地[洗浄]、BG[保湿、防腐]、トレハロース[保湿]、ココイルグリシンK[洗浄]、PEG-150[保湿]、PCA-Na[保湿]、1,2-ヘキサンジオール[保湿、防腐]、石ケン素地[洗浄]セリン[保湿]、アラニン[保湿]、グリシン[保湿]、トレオニン[保湿]、リシンHCl[保湿]、アルギニン[保湿]、グルタミン酸[保湿]、プロリン[保湿]、PCA[保湿]、乳酸Na[保湿]、ベタイン[保湿]、トコフェロール[品質安定]、グルコン酸Na[品質安定]、イミノジコハク酸4Na[品質安定]

   洗浄成分    特長成分
(化粧品の成分表では配合量が多い順に記載されます。※医薬部外品は順不同)

ふんわりと弾力のある泡が 肌をさっぱりと洗いあげる

松山油脂 M-mark「アミノ酸あわ洗顔料」は、植物オイル(パーム核油とべに花油)を釜で炊き上げてつくった液体石けんがベースの泡タイプ洗顔料です。

天然保湿因子(NMF)の組成成分であるアミノ酸代謝物PCAナトリウム(保湿成分)を配合しました。保湿成分を含んだ、ふんわりと弾力のある泡が簡単にでき、洗顔中に失われる肌の潤いを守りながら、余分な皮脂や汚れを落とし、さっぱりと洗い上げます。

泡でそのまま出てくる泡タイプの洗顔料なので、子どもから大人まで、使いやすく、年齢や性別を問わず家族みんなで安心して使えます。

肌本来の「潤す力」を補い、すこやかな肌へ導くアミノ酸スキンケアシリーズです。

洗浄成分

洗浄成分は液体石けん【カリ石けん素地】をベースに、【ココイルグリシンK】と【石ケン素地】の低刺激の洗浄成分を配合。

・カリ石ケン素地
・ココイルグリシンK
・石ケン素地

カリ石ケン素地は液体石けんのことです。原料の油脂には植物性のパーム核油とべに花油を使用。じっくりと焚き上げた弱アルカリ性の液体せっけんです。

釜焚き石けんの特長は、原料の植物油脂にもともと含まれている天然保湿成分グリセリンがほどよく残っていること。うるおいを守り乾燥をやわらげます。

ココイルグリシンK
人肌コラーゲンの主成分アミノ酸であるグリシンと植物由来のヤシ脂肪酸から得られる低刺激性の洗浄剤。
石ケン素地
固形石けんの成分。

肌質や肌の状態で選べる3種類の洗顔アイテム

肌をみずみずしく保つためには、水分をしっかり補給し、肌にとどまらせることが大切です。

アミノ酸スキンケアシリーズは、角質層内に存在する天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor=NMF)の働きを補うスキンケアです。

主成分であるアミノ酸とPCAなどのアミノ酸代謝物を、各アイテムにバランスよく配合。毎日のスキンケアでNMFを補うことで、角質層内の水分量の減少を防ぎ、角質層に水分が蓄えられる、柔軟性のあるすこやかな状態に導きます。角質層に水分が蓄えられるすこやかな状態へ整えます。

アミノ酸は継続的に補給することが重要です。なぜなら、紫外線や空気の乾燥など、肌の外側から受ける刺激や、加齢による角質層のターンオーバー速度の低下によって減ってしまうからです。毎日のケアの積み重ねで、肌本来の「潤す力」を補えます。

選べるアミノ酸スキンケアシリーズの洗顔料

アミノ酸スキンケアシリーズは、天然油脂からつくった石けんを洗浄成分のベースとした、透明石けん・洗顔フォーム・泡タイプの3種類の洗顔アイテムから選べます。

アミノ酸とアミノ酸代謝物配合で保湿力アップ

肌が本来持っている「潤す力」。それは、角質層内に存在し、水分保持機能を担っている天然保湿因子(NMF)です。NMFの主成分は、アミノ酸やPCAなどのアミノ酸代謝物で、組成の約50%以上を占めています。

アミノ酸は肌がもともと持っている“天然のうるおい成分“です。

水分と結びつきやすく、水分保持機能の役割を担っているNMFは、紫外線などの外的刺激や加齢などにより減少傾向にあります。通常、角質層は10~15%の水分を保持していますが、NMF量が減少すると、肌の乾燥が進み柔軟性も失われます。

アミノ酸が水分を吸着して保湿することで、バリア機能を担っているのです。保湿を通し、肌のターンオーバーやキメを整えたり、お肌の透明感をもたらします。

潤いのあるすこやかな状態を保つには、毎日のスキンケアでNMFを角質層に補うことが大切です。

アミノ酸の特長成分

【アミノ酸】
セリン・アラニン・グリシン・トレオニン・アルギニン・グルタミン酸・プロリン

【アミノ酸代謝物】
PCA・PCA-Na

更に【リシンHCl】というアミノ酸の1種で、皮膚に柔軟性や弾力性を与える保湿成分も配合されています。

【PCA】【PCA-Na】は、天然アミノ酸代謝物の一つで、人間の皮膚に存在する天然保湿因子(NMF)のひとつです。うるおいをしっかり保ち、しっとりとした、みずみずしい肌に整えます。

肌になるべく負担をかけない低刺激処方

アルコール(エタノール)・パラベン・香料・着色料・鉱物油・紫外線吸収剤 不使用。

その他の成分

成分役割由来
溶媒
カリ石ケン素地洗浄ベニバナ、ヤシ、パーム、パーム核、塩化カリウム、水
BG保湿、防腐石油
トレハロース保湿トウモロコシ、馬鈴薯、キャッサバ芋
ココイルグリシンK洗浄ヤシ、石油
PEG-150保湿石油
PCAーNa保湿微生物発酵、鉱物
1,2-ヘキサンジオール保湿、防腐石油
石ケン素地洗浄パーム、ナタネ、水酸化Na
セリン保湿トウモロコシ、ダイズ
アラニン保湿合成
グリシン保湿合成
トレオニン保湿トウモロコシ、ダイズ
リシンHCI保湿テンサイ
アルギニン保湿サトウキビ
グルタミン酸保湿サトウキビ
プロリン保湿トウモロコシ、ダイズ
PCA保湿サトウキビ
乳酸Na保湿合成
ベタイン保湿テンサイ
トコフェロール品質安定ダイズ、ナタネ
グルコン酸Na品質安定トウモロコシ
イミノジコハク酸4Na品質安定石油

あれこれ加えるのではなく、必要なものだけを配合するのが、Мマークシリーズのコンセプトです。

スポンサーリンク

松山油脂 M-mark「アミノ酸あわ洗顔料」まとめ

松山油脂 M-mark「アミノ酸あわ洗顔料」まとめ
  • 植物由来の石けんベースの泡洗顔フォーム
  • アミノ酸配合で洗い上がりさっぱりでもうるおう
  • アルコール(エタノール)・パラベン・香料・着色料・鉱物油・紫外線吸収剤 不使用
  • 泡タイプの洗顔フォーム
  • 無香料で使いやすい

今回は松山油脂 M-mark「アミノ酸あわ洗顔料」をご紹介しました。

洗顔料選びの参考にしてみてください。

アミノ酸あわ洗顔料の価格と種類

本体つめかえ
Mマークのアミノ酸あわ洗顔料Mマークのアミノ酸あわ洗顔料つめかえ
容量130ml120ml
価格\935\660

アミノ酸配合のウォッシュ&ケアシリーズ

洗顔

シャンプー&コンディショナー

あわーる
あわーる

松山油脂のMマークシリーズはどんなブランド?

M-markの他の商品を見てみる

せっけん(フェイスケア、ボディケア)
フェイスケア
ボディケア
ハンドケア
ヘアケア

コメント