釜焚き枠練りせっけん【M-mark】松山油脂

Mマークの釜焚き枠練りせっけん
スポンサーリンク

釜焚き枠練りせっけん【M-mark】とは

釜焚き枠練りせっけん

メーカー松山油脂
容量140g
価格550円

昔ながらの釜焚き製法で百時間かけてつくった石けん素地を、枠に流し込んで冷却固化し、およそ20日間、乾燥・熟成。石けんの結晶が密になり、溶けくずれしにくい石けんです。

すすいだ後は保湿性にすぐれたシア脂が肌の上で保護膜を形成し、刺激をやわらげ、潤いの蒸散を防ぎます。濃密な泡立ちで、顔から身体まで全身に使えます。

洗浄成分: 動植物性石けん
配合成分:シアバター
製法:釜焚き(ケン化)製法、枠練り
香り:無香料
・合成界面活性剤、鉱物油、香料、着色料、防腐剤無添加。※大豆から抽出した天然ビタミンE(表示名称:トコフェロール、品質安定剤とシアバターのみ配合。

M-mark「釜焚き枠練りせっけん」の特長と成分

■釜焚き枠練りせっけんの全成分
石けん素地[洗浄]シア脂[肌を整える]、トコフェロール[品質安定]

   洗浄成分    特長成分
(化粧品の成分表では配合量が多い順に記載されます。※医薬部外品は順不同)

割れにくく溶けくずれしにくい「枠練り石けん」

M-markの「釜焚き枠練りせっけん」 は、昔ながらの釜焚き製法で百時間かけて丹念に焚き上げた石けん素地を、枠に流し込んで冷却固化、およそ20日間、乾燥・熟成させた石鹸です。

石けんの結晶が密になり、溶けくずれしにくく小さくなってもじっくりと泡立てられます。職人の熟練した手仕事から生まれた石けんです。

枠練り法

M-markの「釜焚き枠練りせっけん」の枠練り法は、釜焚き製法で百時間かけてつくった石けん素地を、枠に流し込んで長時間かけて冷やし固めた後、約20日間もの間、乾燥・熟成させます。

長時間かけてゆっくり冷却することで、石けんの分子が大きな結晶となり、乾燥熟成する工程で水分が揮発し、石けんの結晶がしっかりしていきます。枠練り製法の石けんが硬くて溶け崩れしにくいのはこのためです。

枠練り石けんは、手作業の工程が多いため、製造コストが高くなってしまい価格も高めです。そのため、多くの石けんは、「機械練り」という製造コストを抑えた大量生産が可能な機械の製法を使用しています。M-markでも枠練り法はこの石けんだけです。

枠練りせっけんを選ぶメリット

・美容成分をたっぷり配合できる
・泡立ちが良い
・溶けにくい

機械練り石けんは成分の98%を石けん素地(石けんの成分)としなければならないのに比べ、枠練り石けんは石けん素地の割合が60~70%に抑えることができ、残りの30~40%で保湿成分や美容成分をたっぷりと配合できるのが魅力です。

デメリットとしては、高い美容効果が期待できる反面、価格が高額になってしまう点です。

M-markの「釜焚き枠練りせっけん」は、釜炊き製法を使用することで”原料由来の天然のうるおう成分を含みツッパリ感のない石けん”に、枠練り製法を使用することで、”美容成分を多く含み溶けにくい石けん”になっています。

釜焚き製法

石けんの製法は2種類あります。

M-markの「釜焚き枠練りせっけん」は、“釜焚き製法“という昔ながらの伝統的な石けんの作り方で作られています。

釜炊き製法(ケン化法)
    製法にこだわる一部のメーカーが採用。約1週間から10日かけ職人が手作りで作る。
中和法
    多くの石けんに使用される製法。機械で短時間で大量に作れる。

石けんの原料は天然油脂と苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)です。松山油脂の石けん素地は、「牛脂やヤシ油、植物油」を組み合わせています。

「中和法」は、原料となる油脂を分解してつくられた脂肪酸をアルカリと中和反応させる製法です。短時間で大量に生産できるメリットの反面、保湿成分が含まれておらずツッパリやすいので、後から保湿成分を添加することが多いです。

「釜炊き製法」は、原料となる油脂を精製し、大きな釜で直接焚き込む伝統的な製法です。中和法と比べ製造に多くの時間がかかりますが、原料由来の天然のうるおい成分が含まれるため、洗い上がりしっとりで、ツッパリ感が少ない石けんとなります。

機械化できない工程は職人さんの手によって手作業で行われています。原料投入のタイミングや加熱具合、仕上がりの状態には、その都度職人による見極めが欠かせないため、熟練の技術が必要です。

釜焚き製法の石けんは、乾燥やつっぱり感をやわらげる保湿成分グリセリンを含んでいます。さらに、洗浄後の保湿性にすぐれたシア脂を配合。濃密な泡立ちで、顔から身体まで全身に使えます。

天然保湿成分「シア脂」配合

釜焚き製法で作った無添加石けんに、洗浄後の保湿性にすぐれた【シア脂】を配合。

・シア脂

濃密な泡立ちで、顔から身体まで全身に使えます。

シア脂とは“シアバター“のことで、シアの木(シアーバターノキ)の実の種から採れる天然の植物油脂です。

シアバター

シアの木はアフリカのサバンナに自生しており、厳しい乾燥から肌を守る“天然の保湿クリーム“として1000年以上も前から使われてきました。

シアバターは、人の皮脂とよく似た性質をもつため、肌なじみがよく、長時間保湿が持続します。

シア脂はおもに、被膜効果の高いステアリン酸と、保湿性に富むオレイン酸で構成されており、アミノ酸やビタミンなども含まれています。すすいだ後はシア脂が肌の上で保護膜を形成し、潤いの蒸散や外界からの刺激を防ぎます。

無香料・無着色・合成界面活性剤無添加

洗浄成分は石けんのみ!

洗浄成分は固形石けん【石ケン素地】の成分のみです。

・ 石ケン素地

合成界面活性剤・鉱物油・香料・着色料・防腐剤無添加。品質を劣化させる不純物を出来る限り取り除いた、精製度の高い天然油脂を原料にしています。

洗浄成分は石鹸だけ。排水として流れても、微生物によって分解され、自然に還ります。

その他の成分

配合成分はシアバターと【トコフェロール】のみのシンプル処方の石けんです。

トコフェロールは、 大豆、ナタネから抽出した天然のビタミンEのことで、製品の酸化を防ぐ成分として配合されています。

パラベン・鉱物油・着色料・香料不使用

あれこれ加えるのではなく、必要なものだけを配合するのが、Мマークシリーズのコンセプトです。

スポンサーリンク

釜焚き枠練りせっけん【M-mark】 の使用感

釜焚き枠練りせっけんの口コミ

  • 洗顔に使用してもつっぱらず全身に使える
  • しっとりとした洗い上がり
  • 泡立ちが良い!
  • 溶けて減りにくく、かなり長持ちします

口コミを見てみると、「大きい!」という声が多かったです。一般的な石けんの大きさは100g前後が多く、 「釜焚き枠練りせっけん」は140gのため、少し大きめです。

そのため、大きくて使いづらいと感じる方も。切って使っているという方もいました。ただ、大きくて製法的からも溶けにくい石けんとなっているので、かなり長持ちするようです。

松山油脂 M-mark「釜焚き枠練りせっけん」まとめ

松山油脂 M-mark「釜焚き枠練りせっけん」まとめ
  • こだわりの「釜焚き+枠練り製法」で丁寧に時間をかけ作られたシンプル処方の石けん
  • 保湿効果の高いシアバター配合でしっとり
  • 合成界面活性剤・鉱物油・香料・着色料・防腐剤無添加
  • 140gの大きめサイズ
  • 枠練り製法で溶けにくい

あわーる
あわーる

松山油脂のMマークシリーズはどんなブランド?

M-markの他の商品を見てみる

せっけん(フェイスケア、ボディケア)
フェイスケア
ボディケア
ハンドケア
ヘアケア

コメント