ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープ【M-mark】松山油脂

Mマークのラベンダーハンドソープ
スポンサーリンク

Mマーク「ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープ」とは

ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープ

メーカー松山油脂
容量360ml
つめかえ340ml
価格605円

昔ながらの釜焚き製法でつくった石けんの泡ハンドソープです。ポンプひと押しできめの細かい泡ができ、手肌をすっきりと洗い上げます。泡切れが早く、すすいだ後は洗浄成分が肌に残りません。ラベンダー精油の香りです。

釜焚き製法でつくったハンドソープの特長

原料の植物油脂にもともと含まれている天然保湿成分グリセリンが、ほどよく残されていることです。肌を保護している皮脂膜を取りすぎることなく、洗浄後の乾燥やつっぱり感を軽減します。手肌の潤いを守りながらすっきりと汚れを落とす、やさしい洗い上がりが特長です。

種類:泡タイプ
洗浄成分: 植物性石けん
香り:ラベンダー
・合成界面活性剤、合成香料、着色料、鉱物油、防腐剤不使用

釜焚きせっけんハンドソープ【M-mark】の特長と成分

■ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープの全成分
カリ石ケン素地[洗浄]、水[溶媒]、グリセリン[保湿]、ラウリン酸PEG-80ソルビタン[肌を整える]、エタノール[品質安定]、ラベンダー油[賦香]、ラベンダー花エキス[肌を整える]、トコフェロール[品質安定]、グルコン酸Na[品質安定]、イミノジコハク酸4Na[品質安定]

   洗浄成分    特長成分     香料
(化粧品の成分表では配合量が多い順に記載されます。※医薬部外品は順不同)

ポンプひと押し、コシのある泡で手軽に手洗い

年齢や性別を問わず家族みんなでお使いいただける「Mマークシリーズ」から、はじめての泡ハンドソープ!ポンプひと押し、コシのある泡で手軽に手洗いできます。

松山油脂 M-mark「ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープ」は、昔ながらの釜焚き製法でつくった石けんの泡ハンドソープです。

天然の保湿成分グリセリンを含んだ、きめの細かいコシのある泡が潤いを守りながら、汚れを包み込んですっきりと清潔に洗い上げます。泡切れが早く、すすいだ後は洗浄成分が肌に残りません。手が荒れにくいのも特長です。

昔ながらの釜焚き製法でつくった石けん

洗浄成分は【カリ石ケン素地】を使用しています。

・カリ石ケン素地

カリ石ケン素地は液体石けんのことです。原料の油脂には植物性のパーム核油とべに花油を使用。じっくりと焚き上げた弱アルカリ性の液体せっけんです。

釜焚き石けんの特長は、原料の植物油脂にもともと含まれている天然保湿成分グリセリンがほどよく残っていること。肌の潤いを守り手洗い後の乾燥をやわらげます。

たっぷりの泡が手肌や指先の汚れを包み込んで、すっきりと清潔に洗い上げます。泡切れが早く、すすいだ後は洗浄成分が肌に残りません。

松山油脂の液体石けん

石けんは天然油脂から作られます。低温でも液状を保つ必要がある液体石けんは、「液体石けんの原料として最適な脂肪酸組成である植物性油脂」を選び、固形石けんとは異なる油脂で作っています。

製造方法は、厳選した植物性油脂を苛性カリ(水酸化カリウム)でケン化する釜焚き製法を採用しています。釜焚き製法は職人さんが泡の立ち方や状態を観察しながらケン化が順調に進んでいるかを見極めています。

手間も時間もかかる製法ですが、原料の植物油脂にもともと含まれている天然保湿成分グリセリンがほどよく残る石けんとなるため、あえて手間も時間もかかる製法で作っているのです。

焚き上がった直後の液体石けんに含まれる純石けん分は30%。これ以上になると石けんがゲル化して流動性が悪くなるため、使い勝手も悪くなります。肌へのやさしさや洗浄力、泡立ちや使いやすさのバランスを考え、製品ごとに石けん分の適正な濃度を調整しています。

釜炊き製法で作った液体石けんに、製品ごとに精油(エッセンシャルオイル)や、植物エキスなどの有用成分を加えて製品を作っています。

便利な「泡タイプ」のハンドソープ

Mマークの「ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープ」は泡タイプのハンドソープです。

ポンプひと押しで、簡単にコシのあるキメ細かい泡がでてくるので、手間なく素早く手肌をすっきりと洗い上げます。

手軽に手洗いができるので、泡立てやすすぎが十分にできているか心配な、小さなお子様の手洗いにもおすすめです。

リラックス効果のあるラベンダーの香り

ラベンダーの花から水蒸気蒸留法で抽出された天然精油を配合。クリアな野の花の香りです。

ラベンダー畑大

ラベンダーの香りは、心地の良いラベンダー精油特有のクリアな野の花の香りで、リラックス効果があり、ストレスを軽減し心身のバランスを整えます。

ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープには、2つのラベンダーの成分が配合されています。

・ラベンダー油[香料]
・ラベンダー花エキス[肌を整える]

ラベンダー油
ラベンダーから水蒸気蒸留法で抽出された天然精油。リラックス効果のある香りです。
ラベンダー花エキス
ラベンダーの花から得られるエキスです。高い抗菌作用・消炎作用を持ち、肌の保湿にも効果があります。

肌になるべく負担をかけない低刺激処方

合成界面活性剤・着色料・鉱物油・防腐剤も不使用。

肌にはなるべく負担をかけずに清潔を保てるよう処方しています。

その他の成分

グリセリン保湿剤。
ラウリン酸PEG-80ソルビタン石けんのつっぱり感を緩和。
エタノール植物エキスの抽出溶媒。
トコフェロール製品の酸化を防ぐ成分。大豆、ナタネから抽出した天然のビタミンE。
グルコン酸Na品質安定剤。
イミノジコハク酸4Na品質安定剤。

「無添加」などの低刺激で肌にやさしい処方の商品には、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)と書かれていることが多いのですが、化粧品成分に使われる場合の「アルコール」は“エタノール”のことを指します。

アルコールフリー=エタノールフリー

化粧品成分での「アルコールフリー」とはエタノールフリー(エタノールが入っていない)という意味になります。

ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープには「エタノール」が配合されています。植物エキスの抽出溶媒として使われることもありますが、ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープの場合は、抗菌・防腐作用などの「品質安定」成分として使用されているようです。

エタノールはアレルギーや肌荒れを起こす人が多いと言われています。安全な成分ではありますが、肌が弱い人は少し注意したい成分ではあります。

スポンサーリンク

ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープの使用感

ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープの口コミ

  • 香りが好き
  • つっぱり感がない
  • 手荒れがしなくなった
  • 泡切れが悪い・ぬるぬる感が残る

口コミで一番多かったのが、「香りが好き」という声です。洗っているときは強めに香るようですが、洗い流すと手に香りが強く残らず、ストレスなく使えるようでした。

ラベンダーの香りは好き嫌いが分かれるので、強い香りが苦手な方にはおすすめできませんが、ラベンダーの香りが好きな人にはとてもおすすめです。

また、泡切れに関してですが、ぬるぬる感が残るという意見と泡切れが良いという意見の真っ二つに分かれています。

石けんハンドソープは石鹸特有のぬるぬる感を感じやすいです。ぬるぬる感があるということは、石けんの成分が落ち切っていない証拠なので、きちんと洗い流すと、合成界面活性剤が主成分のハンドソープよりもさっぱり感は感じられると思います。

M-markの「ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープ」まとめ

M-mark「ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープ」まとめ
  • 植物性の石けんハンドソープ
  • 便利な「泡タイプ」のハンドソープ
  • こだわりの釜だき製法で作られた石けんを使用。
  • 殺菌力はないが除菌効果に優れている。
  • リラックス効果のあるラベンダーの香り。

今回はM-markの「ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープ」についてご紹介しました。

価格と種類まとめ

本体つめかえ
容量360ml340ml
価格\605\440

ラベンダーの香りのウォッシュ&ケアシリーズ

ボディケア

ラベンダーの香りと潤いに包まれて洗う清潔な素肌へ
釜焚きせっけんラベンダーボディソープ


ラベンダーの香りのきめ細かい泡で手肌すっきり
ラベンダーの釜焚きせっけん泡ハンドソープ


固形石けん

あわーる
あわーる

松山油脂のMマークシリーズはどんなブランド?

M-markの他の商品を見てみる

せっけん(フェイスケア、ボディケア)
フェイスケア
ボディケア
ハンドケア
ヘアケア

コメント